アルバニア旅行記 美しすぎる青の湖 ブルーアイ

アルバニア共和国の中で最も見ごたえがあった観光スポットが美しすぎる青の湖「ブルーアイ」です。

Blueeye3

「ブルーアイ」の透明度、美しさはまさに奇跡の湖ともいえるほどの光景です。
水がとてもきれいな湖です。
そして、そのきれいな水面に映った光景がまた美しいです。

アルバニア共和国は、ほとんどの日本人が訪れることもない国だと思いますが、この「ブルーアイ」は本当にすばらしい湖です。

50ヶ国以上を旅したバックパッカーにとっても忘れられない光景です。

スポンサーリンク
ad1

ブルーアイへの道

アルバニア共和国の神秘の湖「ブルーアイ」へは、ジロカストラとサランダの真ん中くらいにあります。
観光地としてそこまで有名ではないためか、ブルーアイ行きのバスはありません。

ジロカストラとサランダを行き来するミニバスなどで移動することとなります。
私はサランダからジロカストラ行きのバスに乗り、ブルーアイへ向かいました。

とはいえ、どこで降りるべきかもわかりません。
しかも、英語もなかなか通じないアルバニアのバスです。

何とかなるだろうと、周りの人に「ブルーアイ、ブルーアイ」と告げていると、英語が分かる人が理解してくれてバスの運転手に伝えてくれました。
やはりアルバニアの人は優しいですね。

そして、バスの運ちゃんが「ここだよ」というジェスチャーをしてくれました。
「あっちの方向に迎え」というふうに指をさされたので、「ありがとう!」といって指さされた方向に向かいました。

神秘の湖 ブルーアイ

しばらく歩くと美しい湖が現れました。

Blueeye1

その水は本当に青かったです。

ちょっと丘の上に登ってブルーアイを眺めました。

Blueeye2

ただ、残念だったのは、このブルーアイを訪れる2日前に雨が降ってしまっていたことです。
そのため、水がやや濁り、藻が浮いたりしました。

とても美しかったのですが、もっと美しい湖の姿を見たいと思いながらも帰りのバスに乗りました。

なぜか、帰りのバスはタダで乗せてくれました。
アルバニアの人たちは本当にやさしいです。
観光客にアルバニアのことを好きになってほしいんだなということが伝わってきます。

再度ブルーアイへ

ブルーアイに行った2日後。
天気のいい日が続いたこともあり、もっと美しいブルーアイを見られるだろうと思いました。
そして、再度ブルーアイを目指すことにしました。

またバスに乗りブルーアイに向かいました。

そこで、見た光景はとても美しかったです。

Blueeye3

水面に映る風景。
水面にうっすらと立ち上る靄。

幻想的な光景に見とれました。

水の透明度は、最高時の透明度に比べるとまだまだだと思いますが、本当に美しかったです。
2度行って本当に良かったと思っています。

次は、最高の透明度の時に行きたいと思っています。
こんな素敵な風景が待つアルバニアに少しでも多くの日本人が訪れてほしいと思っています。

アルバニアの首都ティラナはこちら

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする