韓国旅行記 ユーラシア大陸横断開始 釜山に到着

ユーラシア大陸陸路横断を目指し、最初に目指した国が韓国でした。

korea

ユーラシア大陸陸路横断が目標であるたびで、飛行機に乗るわけにはいかないので、日本から韓国へも船で行くことにしました。
下関から韓国の釜山へのフェリーを利用する計画です。

2001年8月7日、当時住んでいた大阪から、まずは下関を目指しました。
いよいよユーラシア大陸横断バックパッカー旅行の始まりです。

スポンサーリンク
ad1

下関への移動

新幹線だと高いので、まずは大阪南港から新門司港まで名門大洋フェリーで移動しました。

名門大洋フェリーのホームページはこちら

このフェリーだと7000円弱で新門司までいくことができます。
夕方に出て朝につく夜行フェリーで12時間くらいかかりますが、これから1年半の旅に出るわけですから気にするほどの時間ではありません。

二等の雑魚寝ですが、寝れるので問題なしです。
瀬戸内海を通るので揺れもそんなにありませんでした。

朝方に新門司港に到着。
港に無料バスが待っていますので、JRの小倉駅まで載せてってもらいます。
九州の端っこ小倉から、本州の端っこ下関まではJRでわずか15分ほど、すぐにつきます。

せっかくの下関なのでフグでも食べたいところでしたが、バックパッカーを始めるところだったので贅沢はできません。
安めの食事で済ませました。

下関から釜山へ

下関から釜山へは関釜フェリーを利用しました。
下関を夜に出て翌朝にプサンに到着します。
料金は2等室で1万円程度です。

関釜フェリーのホームページはこちら

下関のフェリーターミナルへ行くと、8割くらいが韓国人でした。
8月は夏休みシーズンであり日本人学生も多いかと思っていましたがそうでもなく、数人程度でした。
欧米人バックパッカーも数人いましたね。

出国審査を終え、フェリーに乗り込みました。
船は大阪南港から新門司行きのフェリーと、大きさ設備面でも大差ありませんでした。
二等席は雑魚寝です。
数少ない日本人バックパッカーたちと軽く話をして、眠りにつきました。

釜山に上陸

朝、いよいよ釜山に上陸。
ユーラシア大陸横断の1ヶ国目である韓国に入りました。
いよいよこれからユーラシア大陸横断のスタート地点についてか思うと、やはり気分が高揚しました。

釜山はソウルに次ぐ韓国第二の都市です。
朝鮮半島の南東の端っこにある港町です。

まずは安宿を探しました。
無事港のそばで安めの旅館を見つけ荷物を置いた後は、観光がてら釜山の町をぶらぶらと歩きました。

第二の都市だけあって、かなり都会です。
港町だけあって、チャガルチ市場という韓国最大級の水産市場もあります。
韓国といえば、焼き肉など肉料理を思い浮かべることが多いと思いますが、海産物も豊富です。

残念ながら写真が残っていないのですが、市場は活気がありました。
アジアを感じられて、なかなか良かったです。

ただ、釜山には長居する気はなかったので、翌日慶州(キョンジュ)へと向かいました。

慶州(キョンジュ)の様子はこちら

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする