アルバニア旅行記 世界遺産ブトリント

アルバニア共和国は、東ヨーロッパのバルカン半島南西部に位置しアドリア海に面した国です。

そのアルバニア共和国にある世界遺産がブトリントです。
古代ギリシャ、ローマ帝国、ビザンツ帝国時代などの遺跡が残されています。
港湾都市であり、海上交易の要衝でした。

歴史を感じられる場所です。

スポンサーリンク
ad1

ブトリントの場所

ブトリントはアルバニアの南部に位置しています。
もちろん海沿いの町です。

ブトリントへ行くには、サランダからがアクセスがよいです。

ブトリントに行く道中、けっこう衝撃的な光景を見られます。
それが下の写真です。

butrint1

写真だとちょっと分かりにくいと思いますが、車をいかだに乗せて川を渡るのです。
さすがヨーロッパ最貧国のアルバニアです。

橋がなく、船を使うのでもなく、ロープを張ったいかだで川を渡るのです。

なかなか体験できないですね。
もちろん私もこのいかだに乗って川を渡りました。

世界遺産ブトリント遺跡

ブトリントでは古代遺跡が見られます。

butrint2

ローマ時代の円形劇場なんかもあります。

Butrint,_Albania

あと城壁の上からの眺めも良かったです。

butrint4

緑が多くていいですね。
川が見渡せるのもいい感じです。

butrint3

上の写真の赤い旗がアルバニアの国旗です。

ブトリントの移籍は、世界遺産のわりには規模は小さめです。
でも、眺めもいいですし、遺跡からは歴史を感じられるので、アルバニア共和国に行くのであればぜひ訪れてみてください。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする