中国のおすすめ料理 各地の名物料理編

私はバックパッカーとして中国には6回訪れ、合計で6か月くらい滞在しました。
北京や上海はもちろん、四川、新疆ウイグル自治区などいろいろいきました。

中国はとても広いので、各地にいろいろな名物料理があります。

kaoya

私が食べた中でのおすすめの名物料理をお伝えします。

スポンサーリンク
ad1

北京:北京烤鴨(ベイジンカオヤー)

北京ダックです。
パリパリに焼いた鴨の皮を削ぎ切りにして、餅(ピン:日本の餅ではなく薄い小麦粉の皮)の上にネギと甜麺醤を一緒に乗せて丸めて食べます。
北京ではファーストフード的な感じで出す安い店なんかもありますが、やっぱりここは全聚徳など、それなりのところで食べたいですね。
中国では日本より格安で食べれますので、バックパッカーだった私も食べました。

成都:麻婆豆腐(マーボードウフー)

四川料理の本場成都にある麻婆豆腐発祥の店、陳麻婆豆腐店で食べましょう。
麻婆豆腐は唐辛子の辛さもあるのですが、花椒(山椒の仲間)がきいていて舌がビリビリと痺れます。
この痺れる感じを中国では麻(マー)といいます。
甘い、辛いという感じと同様に、痺れるというのも味覚の一つです。

最近は日本でもだいぶメジャーになってきたかなと思いますが、苦手な人は苦手かも。
でも、私はこの本場のビリビリする麻婆豆腐のほうが好きです。

mabodoufu
※こちらは日本の陳麻婆豆腐店の写真です。
花椒をさらに追加しました。

日本でよく食べられる麻婆豆腐は陳建民がアレンジしたものですね。
ちなみに坦々面も、日本で食べられているスープ入りのものは陳建民がアレンジしたものです。
料理はその地域や風土、味覚に合わせて変遷していくもので、なにが正当っていうものではない気もします。

成都:担々麺(タンタンミェン)

本場成都の坦々面は汁無し。
小さいお椀で軽く食べるおやつみたいな感じです。
成都に行ったらせっかくなので、坦々面も食べて見ましょう。

杭州:東坡肉(トンポーロウ)

豚の角煮の起源といわれる料理です。
杭州は上海から2時間くらいで着く町です。
煮込んだ後、蒸すようです。(食べたのですが蒸したかどうか破棄にしてなかった)
うまいです。

新疆ウイグル自治区:羊肉串(ヤンロウチュェン)

シシケバブですね。
羊肉を鉄串にぶっ刺し、香辛料をまぶして焼くものです。
もともとはイスラム圏(中国の中で言うと新疆ウイグル自治区)の料理ですが、中国全土に広がっています。
羊肉は臭いがありますが、香辛料でカバーしてます。
安い、早い、うまいです。
においが苦手な人も多いですがが、試す価値はあると思います。

新疆ウイグル自治区:ラグマン・拌麺(バンミェン)

ウイグル語ではラグマン、中国語では拌麺です。
聞いたことない人も多いと思いますが、中央アジアでよく食べられる麺です。
意外ですがトマトベースのソースです。
イスラム圏の料理のため、羊肉を使用します。
そのためちょっと臭いがきつい場合もあるので、苦手な人もいるかもしれません。
でも、トマトソースのうどんみたいでけっこうはまります。

残念ながら上海で上海蟹は食べておらず、広東行ってないので、広東料理も食べてません。
上手いと聞くので、いずれ食べてみたいですね。
ここまで読まれてがっかりした人は、ぜひ現地で上海蟹とかフカひれとか食べてみてください。

でも、実はその辺の食堂で食べられるものにもおいしいものは多いです。

中国のおすすめ料理 食堂編

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする