エポスカード 海外旅行保険付帯のおすすめクレジットカード

海外旅行に行くときは必ず海外旅行保険に入るべきです。

バックパッカーで、保険料をケチる人もいます。
でも、万が一のことが起こると自分だけでなく家族にも迷惑をかけてしまいます。
海外旅行保険が必要な理由についてはこちら

ですので、必ず入りましょう。

とはいえ、やはり保険料の支払いは安く済ませたいですね。
3か月以内の旅行であれば、実は海外旅行保険付帯のクレジットカードを持っていれば大丈夫です。

そんな海外旅行保険付帯のクレジットカードの中で、おすすめなのがエポスカードです。

スポンサーリンク
ad1

EPOSカード(エポスカード)がおすすめの理由

他にも海外旅行保険付帯のクレジットカードはいろいろとありますが、エポスカードをおすすめする理由です。

年会費無料

エポスカードは年会費無料なのに付帯している海外旅行保険が、充実しています。
つまり費用が発生せず、タダで海外旅行保険が付帯されているのです。

無料で海外旅行保険が付帯されているものはあまり多くありませんので、エポスカードはおすすめです。

条件なしの自動付帯

クレジットカードによっては、海外旅行保険付帯でも旅行費用をカードで支払った場合のみ有効となるものもあります。

それに比べてエポスカードはそのような条件なしで海外旅行保険自動付帯です。
何も気にせずエポスカードをもっていけばよいだけなので、安心です。

病気・ケガの治療費補償が充実

海外旅行保険で一番使う可能性が高いのが、病気やケガの治療です。
エポスカードに付帯されている海外旅行保険保険はその治療費補償が充実しています。

  • 疾病治療費用(病気):270万円
  • 傷害治療費用(ケガ):200万円

病気が270万円というのはけっこう条件がいいです。
年会費無料でここまで海外旅行保険の内容が充実しているので、かなり良心的なクレジットカードといえます。

緊急アシスタントサービス

緊急アシスタントサービスはエポスカードが「AXAアシスタンス社」等と提携しているサービスです。
思わぬケガや病気に合ったとき、24時間日本語でサポートしてくれます。

英語が話せず海外でケガや病気になると不安になります。
そんなとき日本語でサポートしてくれるので安心です。

医療費キャッシュレスサービス

緊急アシスタントサービスの中にキャッシュレスサービスも含まれています。
これは提携している病院であれば、現金を支払う必要がありません。

他のクレジットカードの海外旅行保険だと、キャッシュレスサービスがついていないものも多いです。
その場合は一度自分で支払って、後で清算する形となります。

エポスカードではキャッシュレスサービスがあるので、とても便利です。
私もエジプトでキャッシュレスサービスを使いましたが、病気でフラフラの時にお金のことを心配しなくていいのはとても楽です。

エポスカードの弱点

上記のようにエポスカードの海外旅行保険は充実しているのですが、傷害死亡・後遺障害の額が低いという弱点があります。

傷害死亡・後遺障害は500万円です。
他のものでは、2000万円くらいのものもあります。

とはいえ、実際に傷害死亡・後遺障害を利用する可能性はとても低いです。
その分、治療費補償額が充実しているので、やはりエポスカードはおすすめです。

その他の注意点

エポスカードに限らず、クレジットカード付帯の海外旅行保険は90日までの旅行でのみ利用できます。
90日を超えて旅行する場合は、AIUなどの旅行保険に入っておきましょう。

<エポスカードの補償内容>

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

エポスカードは年会費無料で海外旅行保険のサービス内容が充実しています。
バックパッカーにもってこいのクレジットカードですので、検討してみてはいかがでしょうか?

↓↓エポスカードの公式HP↓↓

HP_finger_green_kakumaru

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする