ポルトガル旅行記 南部の都市ファロ

ポルトガルを訪れた最大の目的はユーラシア大陸最西端のロカ岬に行くことでした。
ロカ岬を訪れた後、本当はスペインのセビリアに行くつもりでした。

しかし、ポルトガルの首都リスボンから直接セビリアに行くルートがなかったので、ファロという町に向かいました。

ファロはポルトガル南部にある町です。

リスボンから列車で3時間半くらいでした。

スポンサーリンク
ad1

ファロの町

ファロの町について、すぐにセビリアに行こうとバスを探しました。
しかし、到着時間がおそくセビリア行きのバスはもうありませんでした。

しかたなく、宿を探すことにしました。

客引きのおばさんがいたので、ついていくことにしました。
そのおばさんはいい感じの人でした。

連れて行ってもらった宿は、20€でトイレバス付。
値切って16€にしてもらいました。

正直バックパッカーからすると安い宿ではないのですが、宿の人もいい感じだったので泊まることにしました。

ファロ観光

ファロはポルトガルの田舎町という感じでした。

正直、見どころというのはありませんでした。
ただ、南国という雰囲気があって、いい感じの町でした。

faro
※写真はWikipediaからお借りしました

ブラブラと町中を歩き、カフェで本を読んだりとゆっくり過ごしました。

西ヨーロッパでは宿代をケチるため、かなり駆け足で動くことが多かったのでのんびりできるのが贅沢な感じもしました。
あくせく観光するのではなく、のんびりと過ごす。
こういう時間もいいものだなと、感じました。

まあ、物価の安いアジアや東ヨーロッパでは、ダラダラしすぎて時間を無駄に過ごしたんですがね。

その後、夕食はファロの町でサンドイッチを買いました。
ディナーとしては貧相かもしれませんが、あくまでもバックパッカーなので。
でも、そのサンドイッチは美味しかったですね。

ポルトガルは海沿いなのでシーフードも豊富ですし、素材がよいので料理がおいしいです。
スペイン料理ほど有名なわけではないですが、ポルトガル料理もいいものですよ。

その後、商店で酒を買って部屋で飲みました。

翌日セビリアに向かいました。
ファロのホテル予約はこちら↓↓

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする