ミャンマー旅行記 チャイティーヨー・パゴダ (ゴールデンロック)

ミャンマーにはとても不思議な岩があります。
落ちそうで落ちない黄金の岩で、ゴールデンロックと呼ばれています。

本当に落ちそうなんですが、落ちない岩なんです。
このゴールデンロック、正式にはチャイティーヨー・パゴダ という仏塔(パゴダ)であり、仏教の聖地とされています。

その不思議な光景を見るために多くの観光客も訪れます。
ミャンマーに行くならぜひ訪れてほしいスポットです。

スポンサーリンク
ad1

チャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)へのアクセス

チャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)ヤンゴンの東200kmくらいのところにあります。

ヤンゴンからは4時間半ほどの場所にあり、ちょっと頑張れば日帰り旅行で行くことも可能です。

移動方法としては、まずチャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)のふもとの町キンプンまでバスかタクシーで行きます。
ミャンマーはタクシーが安いので、複数人で割り勘にすれば1日チャーターしてもそんなに高くないです。

キンプンからチャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)へは、ピックアップバスと呼ばれるトラックの荷台に乗って1時間ほどです。

落ちそうで落ちないゴールデンロック

そんなこんなでチャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)に到着。

遠目から見ても、明らかに不思議な岩が見えてきます。

gr2

ちょっと写真が古いのと、ゴールデンロックが小さく映っているためわかりにくいかもしれませんが、この写真の真ん中くらいに位置している金色の者がゴールデンロックです。

ここから見ると落ちるはずなのになんで?と思います。

近づいた写真がこちらです。

gr1

本当に不思議ですね。
ちょっと押しただけで落ちそうな感じです。
でも、このゴールデンロックは落ちないんですね。

ちなみに岩が金色なのは、金箔が張られているからなんです。
巡礼者の寄付によって貼り付けられた金箔に覆われた花崗岩なんですね。

そして、この金箔で覆われたゴールデンロックの上に高さ7.3mの小さなパゴダが乗っているのです。
どうやって金箔をはったり、パゴダを乗せたりできたのだろう、と不思議になりますね。

インドのマハーバリプラムにあるバターボールも不思議な光景ですが、同じくらいかそれ以上に不思議な光景です。

だからこそ、多くの仏教徒や観光客が訪れるわけですね。

実際にチャイティーヨー・パゴダ(ゴールデンロック)を目の当たりにすると、本当に不思議な光景です。
ミャンマーを旅行するのであれば、ぜひ訪れてほしいポイントです。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする