ユーラシア大陸横断旅行記 韓国のソウルから中国の天津へ

ユーラシア大陸横断1ヶ国目の韓国。
首都ソウルでは、いろいろな人と出会いました。
また、ソウルに住む韓国人の友人が数名いたのでその友達たちとも会いました。

ソウルは2回目ということもあり、観光よりもそのような人々と過ごす時間が長かったです。
おいしいものを食べ、仲間たちと過ごす時間はとても楽しいものでした。

とはいえ、まだユーラシア大陸横断の1ヶ国目です。
ここからが始まりのため、名残惜しくはありましたが韓国を離れ、2ヶ国目中国へ向かうこととしました。

スポンサーリンク
ad1

仁川(インチョン)から天津へ

ソウルの少し西にある仁川(インチョン)といえば、国際空港を思い浮かべるかもしれませんが、実は港もあります。
仁川港からは中国の大連や天津、青島など中国各地へ向かう国際フェリーが出ています。

ユーラシア大陸陸路横断なので、韓国から中国へも当然船で行きました。
行先は天津です。

ちなみに1995年に初めて天津・北京を訪れたことが、私のバックパッカーの原点でもあります。

仁川から天津までは24時間ほどです。
下関から釜山までと同じようなものです。

船旅での出会い

出国手続きも簡単に終わり、船に乗り込みました。
当然ですが、周りはほとんどが韓国人と中国人でした。

船に乗り込むとすぐに韓国の学生3人が片言の英語で話しかけてきました。
日本人がその船に乗っているのが珍しかったのかもしれませんね。
彼らは英語がうまくなかったので、なかなかコミュニケーションが取りづらかったですが、そこは勢いで何とかなります。
彼らの片言の英語に、こちらは片言の韓国語で答えたりしているとけっこう楽しいものです。

日本でも有名になった辛ラーメンなんかもいただき、助かりました。

学生たちと話をしていると、日本語で声をかけられました。
日本人かと思ったら、日本に8年住んでいたという韓国人のおじさんでした。
流暢な日本語を話す人でした。
彼が通訳してくれたおかげで、学生たちとの話も盛り上がりました。

船旅はこのような出会いがあるので楽しいです。

天津に到着

翌日、天津に到着。
日本語が話せるおじさんが、天津に安い宿があるので一緒に行かないか、と誘われました。
韓国人学生たちも含めて、ついていくことにしました。

正確な場所は覚えていないですが天津駅の傍にあるビルの一角が、韓国人用宿のような感じになっていました。
経営しているのは中国にいる朝鮮族だったのかもしれません。
夕食、朝食がついていておいしい韓国料理が食べられたので、かなりお得な宿でした。

夕食後、観光というほどではありませんが、軽く天津の町をぶらつきました。
このときが2001年、最初に訪れたのが1995年だったので6年たっています。
中国の経済発展は目覚ましく、6年でずいぶん都会になったな、という印象でした。

天津には一泊だけした後、次は北京に向かいました。

北京の様子はこちら

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする