中国・チベット旅行記 ヒマラヤ越え ラサ~ヤムドク湖~ギャンツェ

2001年10月、ユーラシア大陸横断を始めて約2ヶ月。

いよいよ2か国目の中国はチベットのラサを離れ、ヒマラヤを越えてネパールへ向かうことになりました。
食料や酒などを充分買い込み、準備は万端です。
準備の様子はこちら

ランドクルーザーをチャーターし、私を含めた日本人5名での3泊4日のツアーがスタートです。

夜明け前、ランドクルーザーに乗り込みました。
3週間にわたって過ごした、チベットのラサとお別れし、3か国目ネパールを目指しました。

この3泊4日のヒマラヤ越えは、1年半のユーラシア大陸横断旅行の中でも最も楽しく、印象に残るものでした。
今回は珍しく写真もいっぱいあります。
とても美しい風景の連続で、ユーラシア大陸横断の中でも一番写真を多くとりました。

スポンサーリンク
ad1

ヤムドク湖 観光

ラサを離れまずは南西にあるヤムドク湖を目指します。

途中の風景もとてもきれいです。
森林限界を越えているため、緑はありません。

himaraya1

そしてヤムドク湖が見えてきました。

yamdrok1

その光景があまりにも美しくて、グループメンバーはみんな絶叫しました。

ヤムドク湖はラサの南西にあり、チベット三大聖湖の一つと言われています。
最近は観光客も増えているそうです。
ちなみに標高は4700mを越えています。

Yamdrok3

ヤムドク湖は、本当にとても美しい湖です。
近づいてみると、水の透明度がよくわかりました。

yamdrok2

ギャンツェへの道のり

美しいヤムドク湖を後にし、ランドクルーザーはギャンツェへ向かいます。
途中の風景もとても美しいです。

himaraya3

途中、美しいヒマラヤ山脈の山々が見えます。

himaraya4

その美しい光景にメンバーも感動しっぱなしです。
今思い返しても、このヒマラヤ越えツアーははすばらしい旅でした。

himaraya2

雪解けの川と雪山の光景がとても美しく見えました。

ギャンツェのダム湖 観光

そしてギャンツェに近づき、標高5000mの峠からの光景がこちらです。

gyanzeko

ダムによって人工的に湖となったところですが、エメラルドグリーンでとても美しい湖になっています。
ちょっとわかりにくいですが、真ん中の岩は古城だそうです。

gyanzeko2

ちょっとカッコつけて写真を撮ってもらいました。
本当に美しい風景で、今でも記憶に残っています。

このような美しい風景を見てみんなテンションが上がったため、缶ビールで乾杯しました。

標高4000mを越えている場所での乾杯しました。
空の青さが違います。
こんなに濃い青の空は見たことがありませんでした。

この後、一人高山病なのか、ちょっと具合が悪くなってしまいました。
標高の高い場所での飲酒は気を付けましょう。

そして、ギャンツェの町へ到着しました。

gyanze4

ギャンツェについては次回お伝えします。

ギャンツェの様子はこちら

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする