ロシア旅行記 イルクーツクとバイカル湖

モスクワからシベリア鉄道に乗って3泊4日。
シベリアの中央部に位置するイルクーツクに到着しました。

イルクーツクには、世界一の湖があります。
「世界一深い湖」「世界一透明度の高い湖」「世界最古の湖」と言われるバイカル湖です。

この世界一の湖を見たいという思いがあり、シベリア鉄道をイルクーツクで途中下車することにしました。

スポンサーリンク
ad1

イルクーツク

イルクーツクはシベリア東部の交通の要衝の町であり、最大の町です。

私は11月に訪れたんわけですが、さすがシベリアの11月。
周り一面雪景色です。

irkutsk1

気温は-10度くらいでした。
寒かったですね。
とはいえ、本格的な冬では-20度以下になるので、ましな方です。

到着した日はイルクーツクの町を見て回りました。

真っ白な町で、道は凍っていて滑りやすい状態でした。
慣れていないので、けっこう滑って転びそうになりました。
転ばないように普通に歩くというよりは、足を上げずにスリ足のようにして何とかたえました。

でも、イルクーツクの人たちの中にも滑って転んでいる人がいたので、そんなもんなんだなーと思ったりしました。

転びそうになるのは嫌ですが、真っ白な町はとてもきれいでした。

irkutsk2

こういう時期に来るのも風情があって良いものだと思います。

バイカル湖

イルクーツク付いた翌日、イルクーツクに来た目的であるバイカル湖に足を延ばしてみました。

バイカル湖はイルクーツクから70kmほど離れた場所にあります。
バスでリストビャンカという町まで行きました。

そのバス停から少し歩くとバイカル湖に到着です。

11月はオフシーズンなので、あまり観光客もいませんでした。

8月とかは泳ぐことができるようなリゾート地になったりします。
また、12月くらいからは湖が凍結して幻想的な光景が見られます。
なので、ちょっと中途半端な時期でもありました。

とはいえ、世界一の湖はやはり見ごたえがありました。

baikal2

世界一の透明度の湖をのぞき見しました。

baikal4

ちょっと風が強くて波が立っていたのですが、さすがに水はきれいでしたね。
ちなみに湖の周りでは、魚を焼いたりするお店が並んでいました。

baikal3

感じのいいロシア人が売っていて、もちろん買って食べました。
素朴な感じの味でおいしかったです。

あと、バイカル湖といえばバイカルアザラシも有名ですね。

残念ながら、私が行ったときはアザラシは見ることができませんでした。

バイカル湖は大自然のすごさをかじられる場所でした。
今度は夏か、凍結シーズンに行ってみたいと思います。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする