インド旅行記 ジャイプル(ピンクシティ)とアンベール城

ヒンズー教の聖地プシュカルを後にし、次の町を目指しました。
インド北西部、ラジャスタン州の州都ジャイプルです。

ジャイプルの旧市街地の建物は赤砂岩で造られているので、別名ピンクシティとも呼ばれています。
また、郊外には世界遺産にも登録されているアンベール城があります。

そんなジャイプルは、旅行者に人気の観光地です。

ジャイプルはデリーの南西270kmほどのところにあります。
首都デリー、タージマハルのあるアーグラ、そしてジャイプルはゴールデントライアングルとも呼ばれています。
3つの町がちょうど三角形の位置にあり、観光客に人気の旅行地となっています。

スポンサーリンク
ad1

ピンクシティと呼ばれるジャイプル

私はプシュカルからバスで移動し、ジャイプルに到着しました。
さっそく宿を確保しました。

私は当時(2001年12月)ユーラシア大陸横断中のバックパッカーだったので、宿泊金額をケチりインド人向けの安宿のドミトリーに泊まりました。
当たり前ですが、周りはインド人ばかりでした。
設備は悪いですが、当時の私は、どうせ寝るだけだからと安いということを優先してました。
今だともうちょっとましなところに泊まるでしょうね。

さて、宿を確保しすぐにジャイプル観光を開始しました。

jaipur2

確かに町の壁は薄いいピンク色をしてました。

なお、ジャイプルはラジャスタン州の州都だけあって、人口300万人以上が住む大都市です。
そのため人がごった返してます。

風の宮殿(ハワー・マハル)

ジャイプルの町のシンボルともいえるのが、風の宮殿(ハワー・マハル)です。

jaipur1

人気の観光スポットとなっています。
薄ピンクの壁に多数の小窓が付いています。
宮廷の女性たちが街の様子を見たりしてたそうです。

ピンク色が、細かい装飾が美しいです。

ただ、実は横から見るとびっくりするくらい薄っぺらいです。
観光に訪れたら正面だけではなく、横からも見てみてください。

世界遺産アンベール城

ジャイプルを訪れた観光客にとって、風の宮殿とともに並ぶ見どころといえば、世界遺産にも登録されているアンベール城です。
アンベール城は、ジャイプルの町中から北東10kmほどのところにあります。

Amber1

アンベール城は丘の上に聳え立つ城です。
16世紀に築かれたそうです。

Amber2

丘の上のお城までは、象に乗って登ることもできます。
もちろん有料です。
ですので、バックパッカーの私は像には乗りませんでした。

でも、荘厳なお城は見ごたえがありました。
ジャイプルを訪れるのであれば、ぜひアンベール城にも訪れてみてください。

ジャイプルのホテルを探すならこちらからどうぞ
↓↓
agodaで検索

ジャイプルは1泊だけで、次はタージマハルのある町アーグラーに向かいました。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする