イギリス・ロンドン旅行記 ロンドン市内観光

イギリスの首都ロンドン。
ブリュッセルから夜行バスで入って、その日の夜行バスでアムステルダムに向かうという弾丸ロンドン旅行を行いました。

ユーラシア大陸横断をしているバックパッカー旅行中のことで、物価の高いロンドンをさっさと抜けるための方策です。

ロンドンに入って、まずは世界標準時、東経西経0度のグリニッジ天文台に行きました。
それでロンドンに入った目的のほとんどは達成したともいえるのですが、せっかくの大英帝国の首都です。
ですので、ロンドン市内のベタな観光地も訪問しました。

そんなロンドン市内の観光地をお伝えします。

スポンサーリンク
ad1

バッキンガム宮殿

ロンドンで人気の観光名所の一つバッキンガム宮殿です。
子どものころの「ガムを捨てたら罰金を取られる宮殿は?」というなぞなぞを思い出す宮殿です。

エリザベス女王が住まいとしていて、執務を行っている宮殿です。

london3

バッキンガム宮殿といえば、衛兵交代式が有名です。
赤い服でモコモコの帽子をかぶっている近衛兵を見たことがる人も多いと思います。

london2

残念ながら、0泊弾丸旅行なので交代式を見るタイミングに訪れることはできなかったのですが、近衛兵だけは見ました。
この写真では、小さくて見にくいと思いますが、子供のころ方見ていた赤い服でモコモコの帽子の近衛兵を見ることができました。

せっかくロンドンに行くのであれば、タイミングを合わせて交代式も見たいですね。

london9

この写真はWikipediaからお借りしました。
次行くときは見たいと思っています。

ビッグベンとウェストミンスター宮殿

ビッグベンといえば、ロンドンにある大きな時計台ですね。

london5

ビッグベンという名はもともとは時計塔にいくつかある鐘のうちの最も大きい鐘の愛称でした。
それが時計台そのものの愛称となったそうです。

2012年6月にエリザベス女王の在位 60 周年祝典に敬意を表し、正式名称は「エリザベス タワー」と改められたそうですが、今でもビッグ ベンの名で親しまれています。

このビッグベンを見るとロンドンに来たなと実感できますね。

london6

なお、ビッグベンはウェストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する時計台です。
日本人にはどちらかというとビッグベンの方が耳に馴染みがあるかもしれませんが、ウェストミンスター宮殿はイギリスの国会議事堂であり、イギリスの政治の中枢なわけです。

大英博物館

世界最大の博物館の一つ大英博物館は見逃せないポイントです。

london10写真はWikipediaからお借りしました。

古今東西の美術品や文化財が収納されています。
エジプトのミイラ棺など様々な人類の遺産があります。

これらのものは、植民地時代に略奪したものなのですがね。
そのためか入場料は無料です。
ロンドンに行ったらいかないと損ですね。

一日では全てを見られないほどの規模ですが、私は何しろ0泊弾丸旅行だったので、さっ冨田だけです。

次回行くときはゆっくり見てみたいと思います。

ナショナルギャラリー

ロンドンにある美術館がナショナルギャラリーです。
こちらも入場料無料なので行かないと損です。

london11写真はWikipediaからお借りしました。

このナショナルギャラリーには多くの名画が展示されています。
これらを無料で公開しているというのはすごいです。

私は印象派の絵画が好きなのですが、ルノワールの名画などを見れてとても楽しかったです。

ここもゆっくり見ることができなかったので、次に訪れるときはじっくりと堪能したいです。

ハイドパーク

ロンドンには大きな公園がいくつかあります。
私はその中の一つ、ハイドパークを訪れました。

london7

緑が豊富な公園でした。
0泊弾丸旅行で、あっちこっちを忙しく歩き回って疲れた時に、このハイドパークでしばしの休息をとりました。

このような公園があるのはいいですね。

ちなみにロンドンは公衆トイレがタダでした。
他の西ヨーロッパの国ではだいたいトイレは有料です。
ベルギーではマクドナルド内のトイレも有料でした。
そんな中、無料のトイレがあるので、バックパッカーとしてはありがたかったです。
とはいえ、そのほかの物価が高いのですが。。。

寝不足で歩き回った1日を終え、夜行バスでアムステルダムに向かいました。
アムステルダムの様子はこちら

ロンドンのホテルはこちら↓↓

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする