ネパール旅行記 ブッダ生誕の地ルンビニ

ヒマラヤを望む町ポカラで数日過ごした後、ルンビニに移動しました。

ルンビニはブッダ(釈迦)の生誕地であり、仏教の四大聖地の一つです。
また、世界遺産にも登録されています。

なお、四大聖地とは以下の4つです。

  • ルンビニ:ブッダ生誕の地
  • ブッダガヤ:ブッダが悟りを開いた地
  • サールナート:ブッダが最初に説法した地
  • クシナガル:ブッダ入滅の地

このうちルンビニだけがネパールにあり、その他の3つはインドにあります。

スポンサーリンク
ad1

聖地ルンビニ

ルンビニはインド国境近くに位置しています。

ルンビニは世界遺産になっていますが、観光地という感じではなく、まさに仏教の聖地という感じの町です。

平和の灯があります。
24時間その日を絶やさないそうです。

lunbini1

この平和の灯から真っすぐ運河が伸びています。

ルンビニは仏教の聖地、それも生誕の地であるので、この運河沿いに各国のお寺があります。
タイ寺、韓国寺、中国寺、ミャンマー寺、タイ寺、ベトナム寺、ドイツ寺などなど。

もちろん、その中には日本のお寺もあります。
日本山妙法寺です。

lunbini2

真っ白なストゥーパが立っていて、目立ってました。

ルンビニの各国のお寺は広大な範囲にわたっているので、いろいろ見るのはけっこうたいへんです。
ですが、各国のお寺は特徴があるので見てみるのもよいと思います。

なお、各お寺に泊めてもらうことができます。
基本的には無料ですがいくばくかの寄付を行います。

私の場合はネパール寺の巡礼宿に泊まりました。
バックパッカーにとってはおなじみのドミトリーでした。

ルンビニの町自体は何もないといえば何もありません。
でも、いろいろな国のお寺を一度に見れたり、お寺に泊まったりと他の血ではできない経験もできます。

正直、すごく楽しかったという場所ではないのですが、一生のうちに一回入っておいてよかったなと思いました。
このルンビニの後、西の端にある国境マヘンドラナガルへ向かいます。

マヘンドラナガルからインド入国についてはこちら

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする