インド旅行記 世界遺産 マハーバリプラムの建造物群

寺院が多くある町カーンチプラムを後にし、次はマハーバリプラムを目指しました。

マハーバリプラムには海岸寺院をはじめとした数多くの遺跡があります。
「マハーバリプラムの建造物群」として世界遺産にも登録されています。

マハーバリプラムは、チェンナイ(マドラス)から南へ約60kmに位置しています。

ベンガル湾に面した小さな町ですが、見所が満載です。

スポンサーリンク
ad1

マハーバリプラムの建造物群

宿を確保した後、すぐに観光に出かけました。
※なぜか写真が残っていないため、写真はWikipedeaからお借りします。

海岸寺院

まずはビーチに向かい、海岸寺院を観光しました。
その名の通り、海岸沿いに立っている寺院です。

Mahabalipuram1<Wikipediaより>

7世紀末から8世紀にかけて作られたそうです。
マハーバリプラムの遺跡の中でも、中心的な存在です。

岩壁彫刻

個人的に好きだったのが、岸壁彫刻です。

Mahabalipuram2<Wikipediaより>

岩壁にレリーフが刻まれています。
石を掘ったレリーフとしては世界最大規模のものです。

間近で巨大なレリーフを見られるので、見ごたえがありました。

クリシュナのバターボール

建造物ではありませんが、マハーバリプラムの見所の一つに「クリシュナのバターボール」と呼ばれる岩があります。

Mahabalipuram3l<Wikipediaより>

この「クリシュナのバターボール」は、一枚の大きな岩の上にある今にも転がり落ちそうな大きな岩です。
絶妙なバランスを保っています。

なぜ、「クリシュナのバターボール」と呼ばれるかというと、岩の裏側をみるとちょっとわかります。

Mahabalipuram4<Wikipediaより>

岩の後ろ側がバターボールをナイフで切ったようになっていて、ヒンドゥー教の神クリシュナの好物がバターボールだったのでこう呼ばれているそうです。

ミャンマーのゴールデンロックに比べるとちょっと見劣りしますが、不思議な岩でした。

他にも寺院はいろいろとあって一日中歩き回って、マハーバリプラムの観光をしました。
本当ににマハーバリプラムは見どころ満載です。
自分で撮った写真が残っていないが悔やまれます。

マハーバリプラムはチェンナイ(マドラス)から日帰り旅行でもいけますので、もし南インドに行くのであれば寄ってみてください。

マハーバリプラムの次はポンディシェリを目指しました。

ポンディシェリの様子はこちら

マハーバリプラムのホテルを探すならこちら
↓↓
agodaで検索
スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする