メキシコ ハネムーン(新婚旅行) ユカタン半島メリダ

メキシコシティテオティワカンなど周辺の遺跡や町を観光した後、メリダに移動しました。

メリダはメキシコの東に位置するユカタン州の州都で、遺跡の観光拠点です。
メキシコシティからは飛行機で2時間弱です。
ちなみにバスだと20時間ほどだそうです。
バックパッカーとしてはそれほど長い移動ではないですが、ハネムーン(新婚旅行)なので当然飛行機です。
(なお、バス代もけっこう高いそうです)

メリダの場所はこちら

ちなみにユカタン半島の東の端っこに、リゾート地カンクンがあります。

スポンサーリンク
ad1

マヤ遺跡観光の拠点

メリダに寄った理由は、世界遺産のマヤ遺跡「チチェンイッツァ」「ウシュマル」の観光拠点にするためです。

チチェンイッツァに行く場合、カンクンからのツアーに参加する人が多いのですが、
メリダを朝出て⇒チチェンイッツァを観光して⇒カンクンに移動する
というルートがあるので、今回のハネムーン(新婚旅行)を手配した旅行会社のたびえもんさんにアレンジしてもらいました。

メリダからチチェンイッツァへのツアーに参加し、観光後にカンクンからのチチェンイッツァのツアーバスに乗り換えてカンクンまで移動するということです。

メリダに寄ることでウシュマル遺跡も見れるし、移動も効率的なのでおすすめのコースです。
もちろん逆に、カンクン⇒チチェンイッツァ⇒メリダというコースも可能です。

注意点としては、メリダからのチチェンイッツァのツアーは日本人ガイドではなかったので、英語かスペイン語がまったく話せないと、バスの乗り換えで少々迷うかもしれないということです。
とはいえ、それほど心配することはないので、もしよければこのコースを試してみてください。

メリダは暑い!

メリダの空港に着き外に出た瞬間、すごい熱気に襲われました。
気温はというと、40℃
そりゃ暑いですわな。

メリダは年間通して平均気温27℃くらいです。

10~5月が乾季、6~9月が雨季です。
乾季から雨季への変わり目である5月はもっとも暑いのです。
さらに私たちが着いた日は、快晴で特に暑かった日でした。

翌日のウシュマル遺跡の観光が恐ろしくなりました。
※実際には曇ってくれたおかげで、助かりました。

ウシュマル遺跡観光のときは暑さ対策をしましょう

メリダの町

ハネムーン(新婚旅行)なので、空港からホテルまではお迎え付にしてもらいました。
日本人ガイドはいないので、メキシコ人の運転手さんに送ってもらいました。
陽気ないい運転手さんでした。

メリダで泊まったホテルはHotel El Conquistadorです。

このホテルの朝食ビュッフェはうまかった!
もしかしてメキシコ旅行中一番うまかった料理かもしれません。。
ハネムーン(新婚旅行)にもおススメのホテルですので、よければ泊まってみてください。
<Hotel El Conquistadorの詳細はこちらから>

到着後まずは街中探索をしました。
ここもやっぱり教会ですね。

merida1

街中を歩いたはいいもののあまりの暑さに、嫁がダウンしてしまいました。
ソカロ広場にあるレストラン「La Jarana」に入って、食事することにしました。

暑いので当然ビール頼みました。
メキシコと言えばコロナビールが有名ですが、色んな種類のビールがあります。

beermontejo

暑い時のビールは最高ですね。

料理もおいしかったですし、店員も明るく楽しかったのでいいレストランでした。
料理の写真も取っておけばよかったです。

メリダの町は州都ではあるものの、南国のせいかのんびりした感じです。
また、コンビニやスーパー(ウォルマートもありました)もそこらにあるので、便利でいい感じの町でした。

ウシュマル遺跡観光に備えて早めに就寝しました。

ウシュマル遺跡の観光の様子はこちら

メリダのホテルを今すぐ探すならこちら
↓↓
agodaで検索
スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする