台湾のお土産 半筋半肉牛肉麺のレトルトがおいしかった

今回はいつもの旅行記とはちょっと趣向を変えて、台湾に行ったときにお土産で買ってきた半筋半肉牛肉麺を食べておいしかったのでご紹介します。

niuroumen1

こんなやつです。
台北の郊外にある淡水で食べた半筋半肉牛肉麺がおいしかったので、空港に売っていたお土産用のレトルトを買いました。
人に配るためではなく、自宅用です。

スポンサーリンク
ad1

半筋半肉牛肉麺とは?

で、その半筋半肉牛肉麺は何かというと、写真を見たらわかるとは思いますが牛肉と牛すじが入った麺です。
私は関西人なので牛すじが大好きです。

この半筋半肉牛肉麺は牛すじもおいしいのですが、何より牛のスープが濃厚でおいしかったです。
「紅焼小辣」味で、ちょっとピリ辛味です。

半筋半肉牛肉麺の作り方

箱から出すと、具入りスープと麺の2つのパックがあります。

niuroumen2

紫の袋が具入りスープです。
裏面に作り方が書いてあって、日本語でも書いてありました。

niuroumen3

麺の方の袋はオレンジ色です。
裏面に作り方が書いてますが、具入りスープと同じ内容でした。

電子レンジか、鍋で作れます。
私は鍋で作ることにしました。

1.鍋で具入りスープを温める

紫色の袋を開け、中身を豪快に鍋に投入します。

niuroumen5

牛すじがゴロゴロ入っていていい感じです。
その後、火をつけ温めます。

2.スープが温まったら麺投入

スープがグツグツいい出したら、オレンジ色の袋を開けて麺を投入します。
最初から麺を入れてもいいそうですが、スープが温まってからにしました。

※残念ながら、麺を投入する写真を撮り忘れてしまいました。

後は適当にほぐして麺がいい感じになればOKです。

3.器に移す

麺がいい感じになれば後は器に移せば完成です。

niuroumen6

牛肉と牛すじがゴロゴロしていておいしそう。
麺は日本のラーメンの麺というよりは、うどんとかきしめんに近いです。

4.好みでネギなど薬味を

彩りがさみしかったのと、ネギが好きなので薬味にネギを足しました。

niuroumen7

彩りもよくなりさらにおいしそうになりました。

以上のように、わざわざ作り方を書くほどでもなく、レトルトなので簡単にできます。

食べた感想

味はスープは濃厚、牛すじはトロトロでおいしかったです。
麺はちょっといまいちな気がしましたが、レトルトなのでしょうがないです。
あと、二人前にしてはちょっと量が少なかったかも。

とはいえ、スープの濃厚さがおいしかったので買ってよかったと思いました。

もちろん台湾で食べたものには及ばないものの、久々に台湾気分を味わえました。
おいしいので台湾のお土産にするとよいと思います。

なお、日本でもAmazonなんかで買えるようです。

台湾で買うよりちょっと高いですが、台湾気分を味わいたいときにはいいかもしれませんね。
今度台湾に行くときも半筋半肉牛肉麺は食べたいなと思います。

台北で半肉半筋牛肉麺を食べた時の様子はこちら

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする