インド旅行記 聖地プシュカル

ブルーシティと呼ばれるジョードプルは青い街並みがとても印象的でした。
観光客もそこまで多くなく、落ち着いていて、美しい街並みが広がるいい町でした。

そのジョードプルを後にし、次の町を目指しました。

次に向かったのは、ラジャスタン州のプシュカルです。

プシュカルはジョードプルから東に200kmくらいのところにあります。

スポンサーリンク
ad1

聖地プシュカル

プシュカルはヒンズー教の聖地の一つです。
ヒンズー教の創造の神、ブラフマーを祀った寺院がある町です。
その聖地プシュカルはとても小さな町でした。

小さな町とはいえ、さすがに聖地なだけあり多くの観光客が訪れていました。
特に欧米人バックパッカーの旅行者が多くいました。

そのためかヒンズー教の聖地とはいうものの、けっこうツーリスティックな感じがしたのも事実です。
また、プシュカルの町中では、そのような観光客目当ての商売をしている人も多くいました。
なめた口をきいてくる奴もいて、けっこうむかつくこともありました。

プシュカルの町の真ん中には、湖があります。
そして、沐浴場(ガート)が広がっています。
私もガートに行ってみたのですが、変なおっさんがやってきて何かと金を要求してきました。
もちろん、そんなのは無視して、払いませんでした。

そういう意味ではちょっとがっかりな感じがしました。

プシュカルの夕日

プシュカルの町中は、むかつく奴らも多くいました。
そのため、プシュカルの町自体に対する、私の評価は低いです。
正直、あまりおすすめはしません。

ただ、プシュカルの丘の上からの眺めは良かったです。

pushkar1

丘の上から見ると、小さなプシュカルの町全体が見渡せました。
逆方向を見ると、平原が広がっていました。

pushkar2

そして、この丘の上から見る夕日はとてもきれいでした。
残念ながら写真にはおさめていませんが、本当にとてもきれいな夕日でした。

プシュカルには2泊しましたが、2日とも丘に登り夕日を眺めました。

プシュカルの町自体は、個人的にはおすすめの町ではありません。
でも、この夕日を見ることができたのは、とてもいい経験だったと思っています。

プシュカルには2泊し、次はジャイプルを目指しました。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする