バルト三国旅行記 エストニアの首都タリン

バルト三国の一番北に位置する国がエストニアです。
その首都はタリンです。

タリンの歴史地区は世界遺産に登録されています。

スポンサーリンク
ad1

タリンの歴史地区観光

石畳の狭い道、色とりどりの建物、尖った屋根など、おとぎの国のような街並みが広がっています。
とてもかわりらしい町なんですよね。

tallin

町中を歩いているだけでも楽しいです。

トームペア城

タリンの町の見どころの一つにトームペア城があります。
城壁に囲まれたお城です。

tallin3

ちなみにトームペア城の塔は「のっぽのヘルマン(Pikk Hermann)」と呼ばれているそうです。
かわいらしい愛称ですね。

アレクサンドル・ネフスキー聖堂

タリンの別の見どころ、観光スポットの一つがアレクサンドル・ネフスキー聖堂です。

tallin2

正教会の教会ですね。
アレクサンドル・ネフスキー大聖堂はタリンにあって最大かつ最重要の正教会の教会です。

玉ねぎっぽい屋根はクーポルと呼ばれるドーム型の屋根です。
日本人からすると異国情緒を感じる建物ですね。

バルト海

また、タリンはバルト海に面した街です。
なのでもちろん海も見ることができます。

tallinn1

私が訪れたのは12月だったので結構寒かったですが、冬のバルト海ってのも情緒があっていい感じでした。

エストニア、タリンに訪れる機会というのはなかなかないかもしれません。
でも、タリンの町は歩いているだけでも楽しくなるいい町なので、興味がある方は訪れてみてください。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする