バチカン市国旅行記 世界一小さな国

イタリアのローマの中に、世界一小さなが存在しています。
それがバチカン市国です。

バチカン市国は、ローマ教皇庁によって統治された国です。
ローマ教皇は全世界のカトリック教徒の精神的指導者です。
そんなローマ教皇庁が治めるバチカン市国は、カトリック教会の総本山といえる場所です。

また、バチカン市国は、国全体が世界遺産に指定されています。

スポンサーリンク
ad1

バチカン市国の情報

バチカン市国はローマの中にあります。

町の中に国があるというのが不思議な感じがしますね。

バチカン市国の国土面積は、わずか0.44平方キロメートルです。
ちなみにディズニーランドが0.52平方キロメートルなので、ディズニーランドよりも小さいです。

さすが世界最小国ですね。

バチカン市国観光へ

バチカン市国はローマの地下鉄A線のオッタヴィアーノ駅(Ottaviano)から徒歩10分くらいです。
それ以外にもバスやトラムで移動することもできます。

ちなみに入国時に入国審査はありません。

バチカン市国入国に際しては服装に注意しましょう。

バチカン市国の最大の見どころといえるのがサンピエトロ大聖堂です。
このサン・ピエトロ大聖堂は神聖な場所のため、肌の露出度の高い服装はNGです。
キャミソールやミニスカート、ショートパンツなどでは、入れない可能性があります。

神聖な場所であるということに敬意を払った服装にしましょう。

サン・ピエトロ大聖堂

サン・ピエトロとは聖ペテロのことです。
キリスト教の使徒ペテロの墓所を祀る聖堂とされています。

カトリックの総本山とされる場所です。

roma4

曇っていたため写真は暗くなってしまいました。

さすがにカトリックの総本山だけあって、多くの観光客が訪れます。

サン・ピエトロ大聖堂は荘厳な作りです。
中に入ってもすごいです。
建物自体の作りもすごいですし、様々な像や装飾が見られます。

神聖な場所だから駄目だと思って写真を撮らなかったのですが、一部を除いて撮影はOKだそうです。
撮らなかったことが悔やまれます。

クーポラ(ドーム)

サンピエトロ大聖堂のクーポラ(ドーム)に上ることができます。
このクーポラからはバチカン市国を一望できます。

階段で上がることもできますが、実はエレベーターもあります。
料金は途中までエレベーターで上る場合は7ユーロ、全て階段で上る場合は5ユーロの2種類です。
けっこうたいへんなので、体力に自信がない人にはエレベーターをおすすめします。

そして、そのクーポラからの眺めがこちらです。

roma6

ここから見る眺めはとても良かったです。
写真が暗めで分かりにくいと思いますので、ぜひ訪れてみてください。

バチカン美術館

サン・ピエトロ大聖堂とともに見どころとなるのがバチカン美術館です。

歴代ローマ教皇の収集品を収蔵展示する世界最大級の美術館です。

システィーナ礼拝堂

そんなバチカン美術館の中でも最大の見どころともいえるのがシスティーナ礼拝堂です。

システィーナ礼拝堂の天井にはミケランジェロの描いた「創世記」や「最後の審判」があります。
とても有名な絵ですね。
教科書で見たことがあると思います。

それ以外にも様々な芸術作品があり必見の場所です。

ローマに訪れるならバチカン市国は外せないですね。
一度は訪れてみてほしいと思います。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする