エジプト旅行記 アカバ湾のリゾート地ダハブ

ユーラシア大陸横断中のときのことです。

エジプトに入った後、激しい体調不良に襲われ、回復後にピラミッドを観光し、ルクソールに移動して王家の谷、そしてアスワンに移動してアブシンベル神殿とエジプト文明の遺跡、観光地を堪能しました。

そして、アスワンからカイロにいったん戻りました。

その理由はエジプトからはヨルダン、そしてシリアに移動する予定だったからです。

スポンサーリンク
ad1

シリアビザ取得

ヨルダンは国境で無料ビザを取得できるのですが、シリアはビザが必要でした。(2002年のことです。2015年現在はシリア入国は困難です)

ヨルダンの後はシリアに入るので、エジプトのカイロでシリアビザを取得しました。
海外旅行をしたことがない人、あるいは海外旅行をしていても国から国に移動したことがない人は知らないかもしれませんが、その国のビザは基本的にその国の大使館で取得ができます。
つまり、エジプトにあるシリア大使館で、日本人の私もシリアビザが取れるのです。

バックパッカーはこのように、次の国のビザを取りながら旅を続けるものなのです。
とはいえ、日本のパスポートを持ってると、ノービザの国も多いので取る必要もなかったりしますけど。

アカバ湾のダハブへ

さて、シリアビザを取得し次の国ヨルダンを目指しました。
とはいえ、一気にヨルダンに入るのではなく、まずはエジプト内のダハブという町へ向かいました。

ダハブはシナイ半島の南端にあり、アカバ湾沿いのリゾート地です。
紅海の一部です。

紅海はとても透明度が高い美しい海です。

dahab

本当にきれいな海でした。

スキューバダイビングのスポット

このように美しい海なのでスキューバダイビングをする人にとっては、人気のスポットにもなっています。

私はダハブを訪れた当時の2002年は、まったくダイビングに興味がありませんでした。
日本人インストラクターに誘われたのですが、バックパッカーでせこかった私はお金もかかるので断りました。

しかし、その2年後には私はダイビングインストラクターになったのであり、あの時やっておけばよかったなー、と思っています。
お金をケチるのも悪いことではないのですが、その時の体験できる価値というのも大切だなと、今では思います。

とはいえ、さすがにこれだけ美しい海です。
シュノーケリングはしました。
水面から見る海の中もとてもきれいで楽しめました。

でも、ダイビングを知った今となっては、ダイビングをしにもう一度行きたいなと思います。
ダハブに行って、ダイビングにちょっとでも興味があるのであれば一度やってみることをおすすめします。
リゾート地も楽しいものですよ。

そして、ダハブを後にし次の国ヨルダンを目指しました。

ヨルダンのペトラ遺跡についてはこちら

ダハブのホテルを探すならこちら
↓↓
agodaで検索
スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする