インド旅行記 ジョードプル(ブルーシティ)

ゴールデンシティとも呼ばれるジャイサルメールはとても美しい町でした。
そして、キャメルサファリも堪能した後、次の町に移動することにしました。

ジャイサルメールと同じラジャスタン州にある町ジョードプルを目指しました。

ジャイサルメールから東へ300kmほどのところにあります。
鉄道もあるのですが、バスの方が便利なのでバスで移動しました。

スポンサーリンク
ad1

ブルーシティと呼ばれるジョードプル

ジョードプルは別名ブルーシティとも呼ばれています。
その名の通り青い町なのです。
というのも、ジョードプルの家の壁は青く塗られているのです。

実際にジョードプルに到着してみると、確かに青い壁の建物ばかりでした。
その青い建物の中に、安宿もあります。
観光客がそこまで多くないからか、あっさりと安宿を確保できました。
安いけどきれいでとても居心地がいい宿でした。

そして、ジョードプルの町中を散策しました。
ただ、青い町の中を歩いているだけだと、町の全体像がわかりません。

そこで、その青い街並み全体を見るために小高い丘に建てられた城塞、メヘラーンガル城に向かいました。
ジョードプルの観光スポットです。
メヘラーンガル城は15世紀に当時マールワール王国が建てた城塞です。

jodhpur1

メヘラーンガル城自体は青くはありあせんが、とてもかっこいい城塞でした。
まさに荘厳な城塞でした。
この城塞だけでもとても見ごたえがあります。

そして、その城塞に上ると、ジョードプルの町を見下ろすことができました。
それは、まさにブルーシティという名前がピッタリの感じでした。

jodhpur4

町の家々が青いことが分かるでしょうか?
写真ではわかりにくいかもしれませんが、本当に青い建物が広がっています。

jodhpur3

その光景は圧巻でした。
青い家々が広がる光景はやはり美しかったです。

町の美しさの要素の一つは、統一感なのだと思います。
ジョードプルの町は青く塗られた家々が広がていて、その統一感が美しいのだと思います。

ジョードプルの前に訪れた、ジャイサルメールの町もとても美しかったです。
それは、そこに統一感があったからだと感じました。
ヨーロッパの街並みもやはり統一感を大切にしていると思います。
だからこそ、チェコのプラハのような美しい街並みが広がっているのかなと思います。

さて、ジョードプルの町ですが、とても美しく、宿もキレイで、ご飯もおいしかったです。
しつこく言い寄ってくる人もいなくて、のんびり過ごせました。
ですので、私としては好きな町でした。

ジョードプルのホテルを探すならこちらからどうぞ
↓↓
agodaで検索

ジョードプルには2泊し、次はプシュカルに向かいました。

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする