インド旅行記 パキスタンビザが取れずやむなく飛んだ日

世界遺産であるエローラ・アジャンタの観光を終えた後、再び首都デリーへと向かいました。

3か月半のインド旅行を(途中でバングラデシュにも行きましたが)を終え、次の国にいくことにしたのでした。
次の国として考えていたのは、パキスタンです。

インド⇒パキスタン⇒イラン⇒トルコと移動するつもりでした。
しかし、私がインドにいたのは2002年です。

スポンサーリンク
ad1

2002年のインド・パキスタン国境状況

その前年には9.11同時多発テロがありました。
首謀者のウサマ・ビン・ラディンがタリバンに匿われていて、アメリカへの引き渡しを拒否したとして、タリバンとの銭湯が起こりました。
そして、タリバンの支配下に合ったアフガニスタンとパキスタンの一部での戦闘が開始されたため、2001年パキスタンとの国境はあちこちで封鎖されました。

その後、戦闘はいったん終息し、パキスタンとインドの国境も再び開きました。
しかしながら、その後、パキスタンとインドの関係が悪化しました。
どちらも核保有国なので緊迫感がありました。

私がインドからパキスタンに行こうとしていた時期は、特に関係が悪化していました。

パキスタンビザが取れない

パキスタンに入るためにはビザが必要です。
そのビザを取ろうと、デリーに戻ってきたわけです。

まず、当時のインドでパキスタンビザを取るためには、日本大使館からのレター(許可証みたいなもの)が必要でした。
そのため、まずは日本大使館を訪れました。

しかし、危険がある国に日本国民を行かせたくない日本大使館はレターをくれませんでした。
それは仕方がないことだと思います。

陸路横断をいったん諦める

その後いろいろとパキスタンに行くための情報を集めたのですが、バングラデシュのパキスタン大使館では取れるという噂を聞きました。
しかしながら、バングラデシュまでの道のりはけっこう遠いです。
もし、まだバングラデシュに行っていなければ、新しい国を見たいと思って訪れたと思うのですが、私はすでにバングラデシュを訪れた後です。
しかも、バングラデシュに戻ったからと言って、100%パキスタンビザを取れる保証もありません。

いろいろと悩みました。

もともとユーラシア大陸陸路横断の旅が私の目的でした。
そのためにはパキスタンに入る必要があります。

しかしパキスタンビザを確実に取るためには何日かかるかが不透明でした。
結果として、私はインド文化圏に飽きていたこともあり、パキスタン入りを諦めました。

そして、エジプトのカイロに飛ぶことを決意しました。
ユーラシア大陸陸路横断を諦めたわけではなく、ヨーロッパからの帰りに実現することを決めたのです。

パキスタンはずっと行きたい国だったので、とても残念ではあったのですが戻るときには入れるだろうと心を決めました。

インドのデリーから、ガルフエアーでクウェート経由でエジプトのカイロに入る航空券を購入しました。
3か月半のインド旅行を終え、次の国エジプトを目指しました。

エジプトのカイロについてはこちら

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする