ネパール旅行記 最西端の国境マヘンドラナガルからインドへ

チベットからネパールに入った後、首都カトマンズ ⇒ ヒマラヤを望む町ポカラ ⇒ ブッダ生誕の地ルンビニと旅行しました。

ネパールには合計1ヶ月くらいいました。
ヒンズー教文化に触れたり、ヒマラヤが見れたり、日本食が食べられたりとネパールを堪能できました。

そしていよいよ、ユーラシア大陸横断旅行4か国目インドへと向かうことになりました。

実はブッダ生誕の地ルンビニはインドとの国境が近いので、ルンビニからスノウリという国境に向かうのが一般的です。
ですが、何となくマイナーな国境からインドに入りたくなり、ネパールの西の端にある国境マヘンドラナガルという町へ向かいました。

スポンサーリンク
ad1

マヘンドラナガルへの道

ルンビニからは500kmほどあり、1日で行くことは困難です。
そのため、途中ネパールガンジという町で一泊し、その後マヘンドラナガルに向かうルートを通りました。

ネパールガンジは、観光地というものは一切ない地味な町でした。
正直あまり覚えていません。
写真の一枚でもとっておけばよかったです。

国境の町マヘンドラナガル

ネパールガンジでは一泊し、その後またバスに乗りマヘンドラナガルへ向かいました。
マヘンドラナガルへの道中は、ひたすら森の中という感じでした。

マヘンドラナガルに到着したのは夕方でした。
宿を確保して、部屋の窓から見るとたまたま夕日が見えました。

mahendranagar1

ネパールで見た最後の夕日ですね。

マヘンドラナガルは国境の町ですが、特に観光地や見所もありませんでした。
ネパール最後の夜を迎え、翌日インド国境に向かいました。

国境を越えてインドのバンバサへ

マヘンドラナガルの国境は、小ぢんまりしてました。

mahendranagar2

ネパール側の出国手続きを終え、インド側の国境へ。
こうしてユーラシア大陸横断3ヶ国目ネパールを後にしました。

ルンビニから2日もかけて、マヘンドラナガルから国境を越えたわけですが、途中観光地があるわけでもなく、ハプニングがあるでもなく、実に平穏な国境越えの道でした。

とはいえ別に無駄な時間を過ごしたとは思いません。
バックパッカーは時間だけはたくさんあります。
何気ない日々や素朴な街を通ることも、醍醐味の一つなのです。

4か国目インドへ

さて、日本を離れて3か月、ようやく4か国目インドに入国です。
インドには学生時代にも来たことがあるので、2回目です

インド側の国境の町はバンバサというところです。
国境から町までは距離が離れているので、サイクルリクシャという自転車タクシーを使いました。

mahendranagar3

バンバサも緑がいっぱいという感じでした。

mahendranagar4

素朴な田舎町でした。

バンバサには宿泊せず、そのままインドの首都デリーに向かう夜行バスに乗ることにしました。
夜行バスの時間まで食堂で時間をつぶしたりしてましたが、周りの人が話しかけてきたりしました。
でも、インドの観光地でよく見かけるダマして金を取ろうとする人たちではなく、いい人たちが多かったです。

やはりインドでも田舎の人はいい人が多いものだなと感じました。

そして、デリーに向かうボロボロのバスがきました。
ずっとのんびりした田舎の町にいたので、デリーのような癖のある街は久しぶりです。

ちょっと気持ちを引き締めてデリー行のバスに乗り込みました。

デリーについてはこちら

スポンサーリンク
ad1
ad1

シェアする